上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 今日は「農力検定」創設キックオフ集会なるものに参加してみた。

 まだこの検定、理念も中身もまだまだ曖昧だけど、そこに集まる人たちの問題意識は共有されていた。
 地域を活性化したい。農村を元気にしたい。
 都市の消費者と農業の生産者の距離を短くしたい。
 今後の食糧危機に備え、しっかりと自給力をつけたい。

 そんな思いを達するために、都市生活者と農を結ぶ手段としての農力検定。
 そして、そういうことをしてるNPOや社会起業家たちが集まった熱い集会だった。

 前回書いた霜降り牛肉の件もしかり、今まで私が何度か書いている食品添加物や有機農業の話、フェアトレードもそうなのだが、消費者と生産者との距離があまりにも遠いことに問題の所在があるように思う。

 あらゆるものがmade in worldで、消費者は市場における価格でしか、商品を選べないようになってきている。
 どんなに生産者がいのちや環境に配慮したり、大切に心をこめて作ったとしても、消費者には伝わらない。
 市場で評価されなければ、売れない。生きていけない。

 生産現場には、農薬とか添加物などの化学物質や、移民労働者の低賃金や重労働、動物の病気、環境汚染などなど、あらゆる問題がある。でも「それ、問題よ!」と責めたてたところで、返ってくる答えは、「だって消費者が安いものを選ぶんだから仕方ない」だ。
 西友が以前「安さは愛だ」とキャッチコピーを打ってたけど、消費者にとっての愛は、生産者にとっては鞭だ。

 商社の友達に言われた。
 「だってコンビニ弁当が1個1500円とかだったら買わないでしょ?」

 うん、買わない。

 私も消費者だし、お金は大事だ。

 でも少しでも、できる範囲でもいいから、都市と農村をつなげたい。消費者と生産者をつなぎたい。
 その意味で、地産地消や有機農業運動の思想がすごく好きである。

 自分の体は、自分が食べたものでできている。
 What you are is what you eat.
 
 自分が食べているものが、どうやって作られたのか、農の現場を、もっと多くの人に、もっと気軽に知ってほしいと思っている。私も、もっと農の現場に行きたい。

 生産現場を知ってしまうと、スーパーで毎回踏み絵を踏まされた気持ちになって思い悩むけど、消費者に問題解決を投げるのも無責任だけど、でも、それでも、自分が食べたものが一体誰がどこで作っているかわからない現代、自分が間接的に殺し食べている命を、知ってほしい、消費者と生産者をつなぎたいと思う。

 
スポンサーサイト

霜降りの背景

 霜降り牛肉と、赤身の牛肉、あなたはどちらが好きですか。

 そんなに食べたことがあるわけではないが、私は霜降りの方が、柔らかくておいしいのだよな、と思う。

 しかし霜降りを選択するということを考え直さなければならないと思った。

 
 GWに、鳥取県の牧場を見せてもらってきた。
 そこは、すごく哲学を持って頑張っている牛の牧場だ。

 霜降り牛肉というのは、筋肉の中に脂肪が入り込んだ異常な状態だという。
 普通に生きていたら、筋肉の中に脂肪が入り込むことなどない。
 霜降りを作るためには、必要以上に濃厚飼料(牧草ではなくトウモロコシとか)を食べさせ、牛の運動量を制限しなければならない。

 そうやって育った牛は、よく内臓疾患になる。
 つまり、霜降りの牛って、健康な牛ではない。病気の牛であることが多い。

 しかも、世界的に人口が増え、新興国の経済発展による肉消費拡大で、どんどん食糧の需給が逼迫する食糧危機が迫っている時代に、4000万人の人が1年間に餓死するこの時代に、牛を病気にしてまで穀物を食べさせ、ただでさえ少ない穀物をそんな風に消費してしまっていいのだろうか。

 どうせ生後21ヶ月で殺してしまう牛の健康に配慮するのは偽善だろうか。

 肉用牛は普通生後21ヶ月で殺され、肉として食われる。
 それは、畜産農家が出荷して採算がとれるラインが21ヶ月だから。
 肉用牛の命は、たった21ヶ月だ。鶏はたった50日。

 人間が肉にするために計算し、人工授精して生まれた牛。たった21ヶ月のために生まれてきた牛。
 その21ヶ月、幸せであってほしいと思うのは、やっぱり偽善かもしれないと自分でも思う。

 ただ、牧場のおじさんがなぜ霜降りではなく赤身にこだわる、つまり牛の健康にこだわるのか。
 それは、「目先の効率を追えば、長期的にやっていけなくなる」ことを知ったからだという。一時期は目先の効率を求め、畜産をやってきたが、その後でBSEが起こり、目先の効率が実は多くの問題を引き起こし、逆に非効率だということを身をもって知ったからだという。

 鳥インフルエンザや豚インフルエンザも、効率化した密飼いがウイルスの突然変異を容易にする。
 しっぺ返しをくらうのは人間だ。

 牧場のおじさんは、何度も言った。
 「消費者が変わってほしいんだ」と。
 消費者が霜降りを求めるから、畜産農家もそれを作らざるを得ない。作りたくないけど。

 TVのグルメ番組で「きゃー、霜降りとろけるぅ。最高☆」とか言っているのを見ると、「ああ食べたい」とか思ってしまう。でも、霜降りの背景を知ってしまった以上、「おいしい」だけを追い求める消費者であってはいけないように思うのだ。
 赤身の方が、ずっとおいしい。そう家庭でも教えられるお母さんになりたい。

 「霜降りがいい」という価値観を変えたい。
 
 

 | ホーム | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。