上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
うっちーさんの日記で知った事実。

スタバがイスラエル支援企業だということ。
それを知ったら、私はもうほんとにスタバ行きたくなくなった。

暴力の連鎖が何も生むことはなくて、イスラエル人でもパレスチナ人でも、普通に暮らす人の上に爆弾が落ちることは絶対に許してはならないこと。

もちろんイスラエル=絶対悪だとは思っていない。
でも今回のは明らかな侵略としか言いようがない。
これは自衛なんかではなく侵略。
正当防衛などではなく人殺し。

それを、支持してはいけない。

スタバがイスラエル支援企業だからといってスタバをボイコットするのは、さらに構造的な不信感を助長するだけになるおそれもある。信頼醸成が大事なこの問題において、不信感や差別感情は起こすものではない。
しかし、今だけならボイコットしたっていいんじゃないだろうか。今だけなら。
今回の侵略に対するNO!の意思表示として。

イスラエルが落とす爆弾は、イスラエルを支援する企業からの献金だってある。
アメリカが非難しないのは、ユダヤ系企業の巨大な金が動いているから。

暴力で解決などできない。
この60年そうだったじゃないか。
何人の人が血を流せばそれがわかるのだ。

////////////////////////////////

以下、ブログ「イルコモンズのふた」さんより転載。
http://illcomm.exblog.jp/7425662/
▼「イスラエル支援企業リスト」
「私たちが商品を買うために支払ったお金は、世界のどこかで、誰かを迫害したり殺したりするために役立っているかもしれません。私たちが商品を買うために支払ったお金は、胸クソ悪くなるような人物を儲けさせているかもしれません。私たちが買った商品が生産される過程で、誰かが途方もない悲劇を経験しているかもしれません。私たちは、商品を選ぶことができます。私たちには注意深くお金を使う責任があります。」

[主なイスラエル支援企業]

▼スターバックス・コーヒー
「スターバックスの会長ハワード・シュルツは、イスラエル軍がパレスチナのジェニン、ナブロス、ベツレヘムなどに侵攻し破壊と虐殺を欲しいままにしていた 2002年 4月、シアトルのシナゴーグにおいて、パレスチナ人を非難しイスラエルへの支持を訴えるスピーチを行い、観客からスタンディング・オベーションによる喝采を受けたとのことです。スターバックスの会長ハワード・シュルツは活発なシオニスト (※)です。1998年には、彼のシオニズムへの貢献を讃え " The Jerusalem Fund of Aish HaTorah " から " The Israel 50th Anniversary Tribute Award "(イスラエル50周年記念賛辞賞)が授与され、イスラエル外務省も彼のイスラエルに関するPR活動を賞讃しました。」
※シオニズム/シオニスト ユダヤ人の離散状態を否定し、パレスチナに「ユダヤ人だけのため」の民族国家を持つことを至上命題とするユダヤ民族主義。イスラエル建国の基本理念。


▼マクドナルド
「マクドナルド会長兼 CEO の Jack M. Greenberg は、シカゴのアメリカン・イスラエル商工会議所の名誉会長です。またマクドナルドは、 様々な活動や資金援助を通じてイスラエルを支援する " Jewish United Fund "(ユダヤ人基金) 及び、" Jewish Federation "(ユダヤ人協会)の主要な企業パートナーだとのことです。" Jewish United Fund " と " Jewish Federation " は、イスラエル政府がパレスチナ人を追放して略奪した地域を開発するための資金も提供しています。マクドナルドは、アメリカ政府が 2001年のアフガニスタン攻撃時にプロパガンダとして行った、恥知らずな「上空からの食糧ばらまき作戦」( " Humanitarian Daily Ration " 人道的配給)にも参加していたとのことです。」

▼コカ・コーラ
「コカ・コーラ社は、イスラエルに対する様々な形での援助に対して、イスラエル関連団体やイスラエル政府から表彰されています。またコカ・コーラ社は、イスラエル政府がパレスチナ人から略奪した土地に工場を建設する予定です。そこにはすでに、インテルの工場があります。建設予定地の al-Manshiyya 村では、イスラエル政府によって 300軒あった家が全て破壊され 2000人のパレスチナ人が追放されました。コカ・コーラ社の製品は多肢に渡りますが、まず、コカ・コーラが販売されている自動販売機で売られている商品がコカ・コーラ社のものであると判断できます。店頭では商品ラベルを確認すれば判断できます。日本で販売されている代表的な商品としては、コーラ、ファンタ、スプライト、爽健美茶、ジョージア(コーヒー各種)、リアル・ゴールド、アクエリアス、紅茶花伝、Qoo、ミニッツ・メイド(フルーツ・ジュース各種)などがあります。」

▼エスティ・ローダー
「エスティ・ローダーの会長ロナルド・ローダーは、熱烈にして活発なシオニスト活動家です。彼は、イスラエルによるパレスチナの軍事占領への強硬な支持を広言してきました。また、パレスチナ難民の故郷への帰還も許してはならないとの立場を貫いているとのことです。エスティ・ローダーの関連ブランドには、Clinique(クリニーク:コスメ関連)、DKNY(ダナ・キャラン・ニューヨーク:ファッション関連)、Origins(オリジンズ:コスメ&リラクゼーション関連)、Tommy Hilfiger(トミー・ヒルフィガー:ファッション関連)などがあります。」

▼ネスレ
「ネスレは、その多額の投資がイスラエルへ多大な貢献をしているとして、1998年ネタニヤフ首相(当時)から "Jubilee Award" を授与されました。ネスレの製品は多肢に渡りますが、代表的なものに、Nescafe(ネスカフェ:インスタント・コーヒー)、KitKat(キットカット:チョコレート)、Maggi(マギー:調味料)、Buitoni(ブイトーニ:パスタ&ピザ)、Perrier(ペリエ:ミラネル・ウォーター)、 Vittel(ヴィッテル:ミラネル・ウォーター)などがあります。」


▼インテル
「インテルは、最も大きなイスラエル支援企業のひとつです。1999年、インテルはイスラエル政府によって略奪されたパレスチナ人の土地に工場を建設し、そこから大きな利益を得ています。インテルの工場が立つ al-Manshiyya 村では、300軒あった家が全て破壊され 2000人のパレスチナ人が追放されました。Pentium4のロゴマークintel Centrino モバイル・テクノロジのロゴマークIntel は、主にコンピュータの主要なパーツである CPUを生産販売している企業です。製品名は、Pentium(ペンティアム)やCeleron(セレロン)などです。」

▼マイクロソフト
「マイクロソフトが掲げた看板の写真 イスラエル軍によるジェニンへの侵攻と虐殺が行われていた 2002年 4月、マイクロソフトは、イスラエルのテルアビブ付近の高速道路脇に「心からイスラエル国防軍への感謝を捧げます」と書かれた広告を多数掲げました。マイクロソフトは、ブッシュ共和党政権への献金にも励んでいます。その献金額は、並み居る競合を押え、毎年、共和党政権献金企業トップ5に食い込んでいます。 2005年10月、マイクロソフトのビル・ゲイツ会長はイスラエルを訪れ、シャロン首相(当時)やオルメルト産業貿易相(現首相)を表敬訪問し、現地マイクロソフトの従業員や財界人と会合を持ちました。また、「イスラエルのハイテク部門は世界市場で重要な役割を果たすだろう」と語り、イスラエルとの協力体制の強化を約束したとのことです。」

▼IBM
「ナチスによるユダヤ人絶滅計画が頓挫して間もなく、1948年にイスラエルが建国を宣言すると、IBMはすかさずイスラエルに進出し、現在に至るまでイスラエルでの事業展開に多大な投資を行っています。IBM の商品は多岐に渡りますが、最も身近な商品はパーソナル・コンピュータでしょう。ほかにも IBM の身近な商品としては、ソフト・ウェアがあります。代表的なものに、「ホームページ・ビルダー」「インターネット翻訳の王様」「デジカメの達人」などがあります。また IBM は、同社のパーソナル・コンピュータに Windows をインストールして販売している一方で、 Mac に使われている CPU ( PowerPC )の製造もしています。」(追記)2006年、MacのCPUにインテルの製品が採用されました。

▼ディズニー
「ディズニーは、"Walt Disneys Millennium exhibition"(ウォルト・ディズニー・ミレニアム博覧会)という催しにおいて、イスラエルの首都をエルサレムとして提示しました。しかし事実としては、エルサレムはイスラエルによって国連安保理決議 194・242・252 を始めとする数々の決議を堂々と無視して 1967年以来 30年以上に渡って不法に占領され続けている土地に過ぎません。イスラエル外務省は、イスラエルの首都を「エルサレム」として提示するというこのアイデアに対して 180万ドルを与えました。これは、エルサレムが占領中の土地であるにも関らず首都であるかのように宣伝して既成事実化しようと目論むイスラエル政府のキャンペーンの一部として行われたものであるとのことです。」


[その他、イスラエルの経済に大いに貢献している主な企業]
ダノン、エヴィアン、ロレアル、サラ・リー、ヘインズ、チャンピオン、ジョンソン&ジョンソ、ワンデー・アキュビュー、リーチ、バンドエイド、ノキア、







スポンサーサイト

コメント

紹介してくれてありがとう!
ななほちゃんの考えにすごく共感します。
今はボイコットすべきタイミングだと思う。
海外では当たり前のごとく市民の主張の手段として使われているよね。
2009-01-12 01:47 | うっちー #11VDfRFM URL [ 編集 ]

>うっちーさん

うっちーさんも日記で紹介してくれてありがとうございました。
買わないことの力の大きさをもっとたくさんの人に知ってもらいたいですね☆
2009-01-13 23:05 | 奈穂 #uDzv2D7s URL [ 編集 ]

ボイコットねぇ

こんにちは、くにけんにいたらしい、しーのbyつよぽんです。

でもさ、パレスチナ人イスラエル商品使っているじゃんとかいう話でもあったりして...。

ディズニーもスタバもマクドナルドにも行かないし、ネスレもコカコーラも飲まないけど、別にパレスチナがらみじゃないですよ

オープンソース派としてはウィンドウズじゃなくてリナックスにすべきだけど、親にもらったので大切に使っています

パレスチナがらみ以前にいろんな問題がある会社だと思っています
2009-01-18 15:42 | しーの #- URL [ 編集 ]

お、つよぽんだ☆

オープンソース派って何?!

パレスチナ人も経済的には密接にイスラエルと関わってるよね。それを否定するつもりは全然無いし、そういうところから始まる交流はいいなって思うけど。

フェアトレードとか戦争協力とか何かと悪名高き会社たちだよね。でもすごく私たちの生活に近くありすぎてる。。。

マックは我慢してました。私。
停戦落ち着いたら食べよ。
2009-01-20 00:48 | 奈穂 #- URL [ 編集 ]

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://kunikenpictures.blog121.fc2.com/tb.php/11-7c5ce671

 | ホーム | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。