上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

松屋で一人

 松屋で一人、夜ご飯を食べる。

 試験勉強しかしていない。朝から一日誰とも話していない。彼氏は卒業旅行中。

 当然ながら、ものすごく寂しい。

 ただそれだけを書きたいどうしようもない日記です。





 松屋では誰もが一人もくもくとご飯をかきこむ。
 10人ほど仕事帰りのおっちゃんたちがご飯をかきこんでいるのに、話し声はしない。
 聞こえるのは、壁に向かってむなしく明るい店員さんの声。

 機械的に出された規格品のご飯を前に思う。
 きっとこんな生活をしているから、想像力がなくなってしまうのだろうと。
 このお米が、自然の恵みのもとで農家の人が一生懸命につくったものだとか、ハンバーグは牛の命をいただいているんだとか、自分が食べるものへの命と思いの連関など全く断ち切られている。作ってくれた人の気など全く感じられない。「思い」も「命」も消し去られている。
 こんなんだからきっと、自分がお金を出したんだから残そうが自分の勝手だって意見が、さも当然のように出てくるのだろう。
 自然や太陽や、作ってくれた人のおかげで自分があるなんて思えない。
 ご飯は、自分が働いたお金で、自分の力で買うものだから。
 自然とともに生き、食べ物を育み、近所の人たちと支えあって、それで自分が食べていける。高畠(山形県)で当たり前だった暮らし。そんなのはここにはない。

 おなかは満たせても、心は満たせない。

 行き過ぎた人間中心主義。主体性。自己責任。
 自分がお金を払ったんだからサービスを受けるのは当然で、何を主張してもいい、という身勝手な発想は、社会の必然なのかもしれない。モンスターペアレント、モンスターペイシェント。。。。
 
 隣で部活帰りなのか、制服を着た高校生がご飯をかきこむ。お母さんの心がこもった食事ではなく、画一的な松屋のご飯をかきこむ。なんか、そんなところから家族が崩壊していくような気がする。
 
 昔の人はきっと、毎日ご飯を食べるたびに、自分と他者のつながりを実感できていたのだと思う。自分とお母さん。自分と近所の人。自分と牛。自分と鶏。自分と自然。自分と宇宙。
 国際問題だとか、社会問題だとか、環境問題だとか、そういう自分の目に見えない遠くの人のこと、これから先の未来の人のこと、そういう人への想像は、できなくなって当然なのかもしれない。無関心の渦にどんどんと巻き込まれていく。社会的排除はどんどん人を飲み込んでいく。
 「もっと社会に関心を持とう」といろんなキャンペーンがあって、それを無意味とは言わないけど、でも本質は、自分と他者のつながりが感じられないこの社会の病理そのものだろう。
 
 一人で寂しくご飯を食べてなんかいるから、自分の存在がわからなくなってしまうのだ。

 しがらみから解放されて自由を手に入れたはずなのに、人々が求めてきた自由の結果はこれなのだろうか。

 先日、母校の後輩が自殺した。今通う大学も自殺率はかなり高い。見えないところで、みんな寂しくて、みんな病んでいて、ばたばたと死んでいく。あまりにも存在が小さい。小さすぎる。
 どうしたらいいのだろう。あまりにも大きな孤独と、大きな寂しさが日本中を満たしているような気がする。私は一人で勝手にそう思う。

 一緒にご飯を食べよう。
 せめて。
 一人で機械化されたご飯を食べるのは、やっぱりおかしいんだよ。
 
 ご飯から、世界を変えよう。自分を変えよう。
 「いただきます」「ごちそうさま」をちゃんと言おう。そこが松屋でも。
 その声があまりにもむなしく店内の中に消えていったとしても。

 

 「愛を学ぶために 孤独があるなら
  意味のないことなど 起こりはしない」

 平原綾香はそう歌う。
 もしそれがほんとなら、今日本を覆うこの孤独の先に、大きな愛が来る。



 



 
 

 
スポンサーサイト

コメント

みんなで残そう.

大切はものはどこにあるんだろう、
きっと、みんな忘れてる。

これ以上GDPが伸びたって、
家庭にある電気製品が増えたって、
幸福度はたぶん変わらない。

思い出すには、
人の大切さ、
食べ物の大切さ、
ゆっくりした時間の大切さに、
気付いていくことからだと思う。

それには、まずは近代化された生活の中から、
いいもの、
大切なものに気付くところから。

多少のコストや時間がかかっても、
ほんとうにいいものを
ちょっとずつ増やしていけば、かわれると思う。

国立はいい環境だよね。
それに気付くには。
駅舎がなくなって、
他の中央線の駅とさほど変わらない駅になったり、
景観訴訟があったり。

みんなでいいものを残そう。作ろう。
2009-01-30 02:22 | こいちゃん #8jQIDzT. URL [ 編集 ]

忙しいと、ゆっくりご飯食べる時間もなくなって精神的に余裕がなくなるよね。急いで食べると、「美味しい」って思う暇もないし感謝の気持ちも忘れてしまう。

だから私は、就活中でもなるべくご飯に時間かけようと思ってるんだ!オフィス街はオシャレなお店も多いし♪ゆっくりおいしいご飯を食べて、友達とおしゃべりするのが私にとって一番の気分転換になるんだ。

なほは試験勉強で大変だと思うけど、たまには一緒にご飯食べたりしようね!!
2009-01-30 23:29 | かな #D1bJ3drE URL [ 編集 ]

松屋

…に連れってて☆
v-10行ってみたぃの。
でも、1人の松屋って哀愁漂うかもしれなぃけど、リアリティに溢れてて、なんか憧れるv-22
2009-01-31 00:14 | becky #- URL [ 編集 ]

Re: みんなで残そう.

詩!?
なんか素敵すぎてびっくりしてしまった。。。

「本当に大切なもの」ってなんだろうね。

精神的な豊かさかな。
って言ってしまえばすごくうすっぺらく聞こえてしまうけど。

本当に大切なものを少しずつ増やしていける人生を送りたいな。
組織の中で仕事に飲まれて自分をすり減らしてしまう人生よりも。

国立は、私も大好きだよ☆
この町の住人みんな国立を愛してるぜって思い伝わるよね。駅舎も景観も。
お金に換算できない豊かさを国立の人はわかってるんだね。
いい町だ☆

いいものを、残していきたいね。むしろ増やしていきたい。
2009-01-31 01:26 | 奈穂 #- URL [ 編集 ]

Re: タイトルなし


> だから私は、就活中でもなるべくご飯に時間かけようと思ってるんだ!オフィス街はオシャレなお店も多いし♪ゆっくりおいしいご飯を食べて、友達とおしゃべりするのが私にとって一番の気分転換になるんだ。

その友達に私もいれて!!!!!

> なほは試験勉強で大変だと思うけど、たまには一緒にご飯食べたりしようね!!

ぜひぜひぜひ。
かなも就職活動おつかれ!

ご飯はめっちゃ大事だよー。ほんとに大事だよー。
おいしいもの食べようね!!!!!
就職落ち着いたら、料理サークル一緒に入ろうか!??
2009-01-31 01:29 | 奈穂 #- URL [ 編集 ]

Re: 松屋


ちょっと女二人で行く店じゃないよ!憧れるもんじゃないよ!!
会話できないよー。
一人寂しくご飯をかきこむのがきっと松屋の醍醐味だよ。
リアリティあふれるかぁ。ある意味あれはあれでリアルなんだよなぁ、きっと。
今度違うとこ一緒にご飯食べに行こうv-238

2009-01-31 01:33 | 奈穂 #- URL [ 編集 ]

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://kunikenpictures.blog121.fc2.com/tb.php/15-ba203a72

 | ホーム | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。