上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 骨髄移植日記①とか書いて、さて②があるかはわからないのですが、とりあえず書きます。
 骨髄移植提供依頼書が来た後、ドナー予定者が何をしてるかを記しておきたいのです。

 この前、採血をした。

 私が本当にドナーになれる健康な人間かどうかの最終チェック。
 
 そして、ちゃんと理解するために、コーディネーターが丁寧に説明をしてくれた。

 ドナー予定者には、コーディネーターが一人つく。
 依頼書が来てから手術後まで、一連の流れをずっと、コーディネーターがついていてくれて、彼女が私と病院と財団とをうまく調整してくれる。
 私のコーディネーターは、もう8年もやってるベテランのおばちゃん♪将棋大好きな人。
 1時間ほどの骨髄移植に関する説明も、もうお手の物です。
 
 採血した後、2週間ほどで検査結果が我が家に通知されるそうだ。
 そして検査結果は4つの可能性があるらしい。
 ①移植よろしく(内定)
 ②移植はできません
 ③2番目の候補者としてとりあえずよろしく
 ④ちょっと延期

 私は内定という言葉にぴんって反応してしまった。ああ内定ほしい(あらゆる意味で)。
 
 もしも移植に進んだ場合、自分の血を200~400cc採血する。これは移植後自分に輸血するため。
 そして、入院して、骨髄とって、退院して、しばらく様子見て、終わり。

 お金はかかりませんってこととか、移植前はあまり運動とかしないでね、お酒はひかえてね、風邪ひかないでね、とか、いろいろ説明を受ける。実際の手術の様子の写真とか見せてもらえた。

 はい、わかりました、とした上で今度は、その日にする採血についてサイン。
 検査のために血とらせてね、もしかして検査後にその血を試験に使うかも、データも研究に使うかも、よいかしら?という紙に、よいですよ、とサイン。
 そして、かわいい女医さんから問診を受けた。薬のアレルギーある?とか麻酔大丈夫?とか。

 そして採血。
 情けないことに倒れてしまった私。

 たった25ccなのだけど、針入れてしばらくとられてると、頭から血の気がひいていって、目の前が白くなる。中止してベッドに連行され、頭を下にして休む。
 前も献血した後倒れたことあったんだなぁ。
 こんなんで骨髄移植とかできるのか私。不安になってくる。

 ただ、かわいい女医さん曰く、「私が会ったドナーの中で一番若いわ☆ 若ければ若いほどいいのよね。細胞がイキイキしてるから♪」らしい。イキイキしてますよ、私の細胞。

 とりあえず来週くらいに通知がくる。内定出るかな。どきどき。

 

 



 

 

 
 
 

 
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://kunikenpictures.blog121.fc2.com/tb.php/21-7ca1c97d

 | ホーム | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。