上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ももすけ

 ももすけ。
 私のいとこのような存在。
 私と同じ21歳。

 いたずら好きな、つり目のやつ。
 ひねくれものな、かわいいやつ。

 昨日の深夜。母からのメールを読んで凍りついた。
 
 訃報。

 信じられなかった。

 すぐに母に電話を返した。

 高いところから落ちたという。自殺、かもしれないと。

 何で、何で、何で。。。。。

 母が泣きながら、搾り出すような声で言った。「何を、悩んでいたのかねぇ・・・!?」
 その母の声が、すごくすごく胸に痛かった。その声が、まるで私が自殺した後の母の声のように思えた。

 彼氏とけんかしてるとき、捨てられたら死んでしまおうか、とか、このまま将来の道を進めなかったら、人生をあきらめてしまおうか、とか、一人ぼっちでご飯を食べているとき、このまま私が消えてしまっても誰も気づかないんだろうな、むなしいな、とか、そんなことをフラフラと考えていたりする。
 でも、今、ちゃんとはっきり誓わなきゃと思った。
 
 ママ、ごめん。私は絶対に絶対に自殺なんかしません、と。

 去年、親戚の葬式で、ももすけの母がわんわん泣いていた姿を思い出す。
 彼女が、愛する大好きな息子を突然失って、今、どれだけの涙を流しているのだろう。
 今はショックで誰にも会いたくない、とももの父がいう。
 ショックどころじゃないだろう。
 
 だから、何も聞けない。
 ももが、何を思っていたのか。なぜ死んだのか。

 こんなことになるのなら、もっとちゃんとたくさん話しておけばよかった。
 九州で大学生やってる彼に、遊びにおいでと住所を教えてもらったなら、ちゃんと遊びにいけばよかった。
 救えたかも、なんて思いはしないけど、でも、一緒にきゃははって笑う時間が、少しでもももにあってほしかった。そして、私にももっとあってほしかった。
 もっと話したかったよ、もっとたくさん。

 そんなことを今嘆いても、何の意味もないのに。。。

 日本の年間自殺者3万人の1人に、ももはなってしまうのかな。
 3万人もの人が、1日に約100人もの人が、周りの人に大きな衝撃を残し、社会には何の波風もたてず、すっと静かに、消えていくのか。こんなふうに。
 何なんだこの現代日本社会は。
 
 近代社会の病理だと、一歩ひいて今までとらえてきたけれど、なんだよそれ!?
 
 ももは、何を考えていたんだろう。ももを死においやったものは何なんだろう。

 バングラデシュのシャオンの言葉を思い出す。
 日本で年間3万人自殺者がいることに本気で驚いた彼女が、ものすごく真剣な目で言った。
 「あなたの周りで自殺したい人がいるの? いるなら伝えて、この世はとても美しいわ。死んだら、家族がとっても悲しむわ、死んではだめなの、絶対に!!」
 そんなことをまっすぐに語れるシャオン。

 そんなことを見失っている現代日本。そしてもも。未来があるはずの医学生だったのに。

 ももを蹴飛ばしてやりたい。
 現代日本社会を、蹴飛ばしてやりたい。
 
 
 
スポンサーサイト

コメント

実はついこの間、わけあって自殺に関して取材を受けました。
衝撃的な日記すぎて、何もいえないけれど、そのとき私が記者さんに「いま自殺を考えている人に一言」といわれて言ったのは
「あとちょっと長く生きてほしい。死ぬのはいつでもできる。あと1分長く生きていたら新しい出会いがあるかもしれない。あと1時間長く生きていたら何か変わるかもしれない。」
ってこと。亡くなってしまった彼にはもう伝えられないけど、このブログを読んでる人に伝わればと思って、書いてみました。
2009-06-13 06:47 | 蜜柑娘 #- URL [ 編集 ]

Re: タイトルなし

みかんこ。
コメントありがとう。
うん。ほんとにそうだよね。
信じてほしかったって思う。1分後に、またきゃははって笑えることがあるかもしれないって。
死んでしまったら、遺された人は、一生悲しみ続けるよって。

みかんこも、死ぬな。
2009-06-13 22:37 | 奈穂 #- URL [ 編集 ]

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://kunikenpictures.blog121.fc2.com/tb.php/24-324c2b18

 | ホーム | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。