上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 高畠を愛していながら、いいとこなの、と言いながら、じゃあなんで私は明日から高畠に移住しないんだ。私は農作業で疲れた体をお風呂に浮かべ、ぼけーっと考えていた。

 それでもなお、なぜ私は都市生活者として生きることを選んでいくのか。

 私の周りのいろんな人の顔を思い浮かべる。両親や親戚や、友達の顔を思い浮かべる。そして思う。私はこの人たちにしっかりと評価して認めてもらいたいのだと。都市のキャリアと自己実現の世界の中で、周りの人にほめてもらいたいだけなんじゃないかと。そんな浅薄な人間でしかないんじゃないかと。誰かを救い、誰かの役に立ち、社会貢献することで、自分の存在意義を確かめなければ不安なのだと。
 
 「飯食って、くそして、生きる。人間が生きるとはそういうことだ。動物と何も変わらない」
 秋津さんはそう言う。
 「まず生きる。それから自分の存在意義とかを考えたらいい」

 秋津さんを見ていて思う。彼女は、確かに、間違いなく、生きている。
 自分でご飯を育て、ご飯を食べ、生活に使うものを作り、生きている。生きるために、生きている。

 「まず生きる」
 そのことを、都市では簡単に忘れてしまう。生きていけばいいのだということを。

 農作業をしていると、ものすごく多くの命の営みを感じる。命の力を感じる。
 猿も熊も、カモシカもスズメもカラスも、雑草も虫も、細菌もウイルスも、みんな息づいていて、生きることに必死で、稲やキャベツたちを襲ってくる。人間はそれらから農作物を守る。生存競争の戦いだ。いろんなものが、生きている。人間もその中のひとつにすぎない。農なんて、人が食べて、生きる、ただそれだけの営みにすぎない。
 雑草を抜きながら、スズメよけのかかしを作りながら、ただ生きている多くの命を思った。

 誰に認めてもらうわけでもなく、誰にほめてもらうでもなく、そんなこと関係なく、ただ生きている。
 森の中で一輪ひっそりと咲いているきれいなユリは、ほめてもらいたいわけじゃない、生きるために咲いているだけなんだ。
 
 ただ生きる、生活することに、自己表現や自己実現を見出せないのだと言う私に、淳さんは、しばらくしてから答えた。
 「田んぼだとか、畑だとか、この景色そのものが、ここを守ってきた人たちの自己表現なんだな」と。
 
 毎日草をとったり、土を耕したり、地味な作業を黙々とやって、農を支えてきた数え切れない人の数え切れない積み重ねが、この景色を、この日本をつくってきたんだ。淳さんの言葉を思い出しながら見る、車窓の一面に広がる田んぼに、胸がいっぱいになった。

 生きることそのものが、美しいと思えた。

 「同じ思いだよ、どこにいても。人にはそれぞれ役割があるんだから、自分でできることをやったらいい。いつでも戻ってこれるんだから」
 秋津さんは最後に私に言ってくれた。
 「ありがとうございます」の言葉は、涙でちゃんと言えなかった。

 自分がどんな役割を担い、どんな人間として生きていけるか、どんな存在意義を持っていけるのか、まだまだ未知数で不安ばかりだけど、でも、しっかりとまず生きていきたい。その思いだけは、忘れずに、胸に刻み続けたいと思う。
 
 
スポンサーサイト

コメント

奈穂ちゃんのどこまでも真摯な文章、そしてどこまでも人生に対して真剣な姿勢が大好きです。

特に今回の文章は特に胸にずしんと響きました。


「生きる事そのものが美しく、芸術なんじゃないか」

そんな風に感じながら、すごく気持ちがふわふわ揺れていたちょうどそのときに、奈穂ちゃんの文章を読ませてもらって、なんだがぐっと「地」に足つけてもらったような感じもしました。

いつもいい文章をありがとう。
2009-09-02 01:41 | うっちー #- URL [ 編集 ]

ありがとう

>うっちーさん

コメントありがとうございます。
「生きることそのものが美しく芸術なんじゃないか」って素敵ですね!!

今度生きることに惑ったら、高畠に行く!って思いました。うっちーさんもぜひ高畠や、またどこかほかの農業やってるところへ行ってみてください。

私もうっちーさんの日記大好きです♪
2009-09-03 15:18 | 奈穂 #uDzv2D7s URL [ 編集 ]

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://kunikenpictures.blog121.fc2.com/tb.php/28-2824d66b

 | ホーム | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。