上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
「論」も愉し
近ごろ「論」が浅くなっていると思いませんか。
その良し悪し、是非、正しいか違っているかを問う前に。
そうやってひとつの「論」の専制が起きる時、
失なわれるのは自由の気風。
そうならないために、もっと「論」を愉しみませんか。
二〇〇八年夏 筑紫哲也

http://www.taji-so.com/main.php ウェブ多事争論

 筑紫さんの残日録に遺されていた言葉。

 ひとつの方向に流されやすいこの国の中で、少数者であってもいいから、多様な声を自由に発信し、それを争わせることで、よりよい社会をみんなで作っていこう。そういう思いがこめられていると思う。テレビでコラムという異例なもの「多事争論」にはそんな思いがこめられていたのだと思う。
 筑紫さんは、いつも、90秒間、自分の言葉でまっすぐにカメラを見て、思いを発し続けていた。

 いろんな人がいろんなことを言うこの時代。特にインターネットではいろんな意見があふれすぎている。何が正しいかわからなくなりそうなこの時代。そんな時代の中で、自分自身が、自分の心と頭で正しいと思ったことを発信していきたいと思った。偏っていてもいい、間違っていてもいい、自分が今考えることをおそれずに発信していくことが、きっと大事だと思う。人を傷つけないようにと注意して。

 別にジャーナリストになりたいわけではない。ただ、筑紫さんがかっこいい、あんな大人になりたい。そう思うから、筑紫さんの多事争論を目指して、奈穂の多事争論をやってみようと思う。私が日々の生活の中で、ニュースを見る中で思ったことを表現していきたい。おそれずに。
 自分の論が影響力を持つだなんて思ってはいない。それはこわい。ただ、これから社会に出て行く一人の人間として、自分の考えというものを表現する訓練をここで積みたい。そして、いつか、いつになるかわからないけど、ちゃんと自分が生きる社会にとって、少しでも良い論を投げかけられる存在になりたいのだ。

 「私すごいでしょ」というようなblogにはしたくない。したくてもできないけど。それはいつも私が、素敵な先輩方の日記を読んではその素敵さに落ち込んでしまうから。彼らの姿を見るたびに、自信を失くし、希望を失ってしまうから。自分自身の情けないところも、くだらない小さな悩みも、まっすぐに開き直って表現していきたいと思う。可能な限り。3日坊主にならないように。飽きっぽい私。継続は力なりだ!ということで、無理せず愉しんで続けようと思う♪


 

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://kunikenpictures.blog121.fc2.com/tb.php/3-dff12cb3

 | ホーム | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。