上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 最近の私の一番の問題関心は、化学物質。

 有機農業を卒論にいろいろ調べ、農家の人とかから話を聞いてて感じる「こわさ」。
 このこわさを、科学的な論文にできなくて、感覚でしか語れないことが悔しい。

 先日、油のエコナに発がん性物質があることがわかって、トクホがなくなった。
 やっぱりあやしかったのね、と思った。

 化学物質のこわさを知ると、日常をとりまくいろんなものがこわくなる。

 現代は、こわいほど、人工的に合成された化学物質があふれている。
 水道水も、農薬も、食品添加物も、洗剤も、洋服も。
 テレビのコマーシャルなんてどれも化学物質の宣伝に見えてしまう。
 裏はとれてないけど、全世界のうち2%の農地を持つ日本で、60%の農薬を使っているのだと、農家の人に聞いた。
 「国の基準では安全でしょ?」とは言っても、一つの化学物質の安全性なんて、その物質だけを動物で、短期間実験して、何もなかった、というだけ。
 有吉佐和子が書いてるように、「複合汚染」については、何もわかっていない。いろんな物質が反応したらどうなるかなんてわからないし、何十年も蓄積したらどうなるかも、人間ではわかってない。
 
 がんとか、アレルギーとか、不妊とか、うつとか、現代をとりまくいろんな健康被害は、原因がわかっていない。もちろん様々な原因が総合的に作用してるにせよ、がんは「公害」なんじゃないかと思う。単体で発がん性がある物質があふれているのに、なぜ複合的長期的に摂取してもがんと関係ないなんて言えるだろう。

 有機農業やってる人に聞くと、「うつ」って農薬のせいよ、と言う。
 農薬を使っている農家の人が、ネガティブだったり、自殺者が多いということを、その人は自分の感覚として実感していた。
 一人だけじゃない。何人も見解は一致していた。
 農薬中毒の症状って、精神病の神経障害の症状と同じなんだって。
 パラチオンという有機リン系の農薬があるけど、その生産量のピーク(1961年)は、その使用者の自殺・他殺のピークと一致するのは、私は偶然ではないと思う。

 先日、初めて縮毛矯正をしたら、にきびがばーっと出た。はっとしてしまった。
 美容師さんが言う。カラーリングとかいろんな薬品につかって、手はぼろぼろだと。今の人はみんな髪染めてるけど、何十年後どうなっちゃうんだろって思う、と。

 そんなことを聞いているうちに、私の生活はこの数ヶ月で変化してきた。
 
 私の中で、11月は「有機づける月間」。
 いろんなものを有機づけてみようと思った。
 まず、ご飯。有機野菜をなるべく買ってみる。肉とかも飼料にこだわったもの。
 体洗う石鹸も、リンスも、化粧品も、薬も、ちょっとずつ、化学的に合成されたものじゃないものに変えてみる。
 そういうものが最近は感覚にあう。
 
 今は感覚だから、他の人にはあまりちゃんと説得力をもって説明はできない。
 もっと化学とか勉強しないとな。

 洗脳されてるのかもしれないけど、私の中には確かにあるこわさ。
 化学物質という見えないヤツが、知らないうちに、人の命を脅かしているんじゃないかと。
 がんとか、自殺とか、いろんな手段で。
 放射線被害とすごく似てる。

 現代の水俣病にしちゃいかんよな、という思いで、少しずつ勉強していこうと思うこの頃。

 あー、卒論やばい。

 
 

 

 

 

 
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://kunikenpictures.blog121.fc2.com/tb.php/31-04022a6f

 | ホーム | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。