上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 社会問題に向き合って、なんとかしたいなと考えると、

1.まず第一段階として、企業とか、政府とか、誰かを責めてみる。
 
 たとえば環境問題だったら、いっぱいCO2排出してる企業悪いやつだ。
 たとえば戦争だったら、戦争する軍隊とか国家とかは悪いやつだ。
 あるいは○○って人間は悪いやつだ。
 
 と思う。

2.でも第2段階として、企業や国家にその悪さをさせている構造を知る。

 環境にいいことよりも安いものを選んで買う消費者としての「我々」が悪いのだ。
 戦争を支持した、反対しなかった国民としての「我々」が悪いのだ。

 という風に。

3.私は、次の第3段階はなんだろうと悩む。

 我々にそんな選択をさせる構造が悪いんだろ。と。
 我々がそんな選択をしたからといって、人権侵害・環境破壊するやつがやっぱり悪いよ。と。
 なぜなら、「我々は悪くない」、といいたいから。


 社会科学をやってると、結局「我々が悪い」ということばかりを追求される。
 自分の中の加害者性をいやでもつきつけられる。

 有機農業が広がらないのは、それを消費者が選ばないから。
 環境にいい製品が広がらないのは、それを消費者が選ばないから。
 フェアトレード製品が広がらないのは、それを消費者が選ばないから。
 動物に配慮した製品が広がらないのは、それを消費者が選ばないから。
 紛争ダイアモンドじゃない認証が広がらないのは、それを消費者が選ばないから。
 
 購買は投票行動です、賢い消費者になりましょう、と言われて、私ははい、わかりましたと、そういう商品を求めてはみる。けれど、すべてのものにいちいち思いをはせるのは、疲れてしまう。買い物するたびに神経をすり減らしてる。安い卵とか、安い服とかを選んでしまったときは、踏み絵でも踏まされてる気になる。
 スーパーの前で涙ぐむのをぐっと抑えてみる。
 私が買い物を楽しむのを邪魔する資格が、社会科学にあるというのか。

 社会科学の我々糾弾はまだまだ続く。

 原発がなくならないのは、我々が豊かな生活をしたいから。
 ODAが増えないのは、我々が豊かな生活をしたいから。
 無駄なダム開発とかがなくならないのは、我々が豊かな生活をしたいから。
 沖縄から基地がなくならないのは、我々が安全保障を享受したいから。
 マイノリティが排除されるのは、我々(マジョリティ)が優越感を保ちたいから。

 自分の畑で作ったもの自分で食べてる時代じゃなくて、身の回りのあらゆるものが、MADE IN WORLDになる時代、不可視になって、その責任ばかりを押し付けられている。
 もうそろそろ、知りましょう、知らないのは罪だ、我々が悪い、というおとしどころは飽き飽きだ。
 B’zの「ケムリノセカイ」は大好きだけど、「まわりまわって誰のせい?」「この社会=僕たち」って、私をいじめる歌に聞こえてきた。

 贖罪意識でフェアトレードを考えてきたけれど、自分の中の加害者性と向き合わなきゃと思って勉強してきたけれど、そろそろここから脱却したい。
 「できることから」と、TAKE ACTIONをし続ければ、このしんどさから脱却できるのだろうか。
 私は悪くないって堂々と胸をはれる日がくるのだろうか。

 第三段階に、たどりつきたい。

 私は悪くない!!!

 

 

 
 
 

 

 
 

 
スポンサーサイト

コメント

偶然ですが、FTSNのOGで自衛隊に入った(これは話すと長くなる話)友達と、、今日久しぶりに会って話をしていて、「贖罪意識でフェアトレードを考えてきたけれど、そろそろここから脱却したい」に近い話をしてました。

あと、どんなに学生のときに勉強したり活動したりしていても、時間に追われ・・・そういう人にとっては「選択肢がそもそも”ない”」に近いのかも。そんなことも友達が言ってました。

やっぱり最初に気づいた一部の人でもアクションし続けていくこと、なのかな。
2009-11-23 20:59 | うっちー #- URL [ 編集 ]

うっちーさんへ

うっちーさん、ほんとに気が合いますね笑。
うっちーさんに会いたいです。

仕事が忙しいときに、いちいち考えて選択とか、無理です。だからpal systemとかで思考放棄を画策してますが。。。
地道なアクションからしか道は開けないんですかねぇ。
2009-11-23 21:35 | 奈穂 #- URL [ 編集 ]

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://kunikenpictures.blog121.fc2.com/tb.php/32-3e8cfe48

 | ホーム | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。