上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 勝間和代が嫌いだ。
 彼女がどう生きるか自体はどうでもいいのだけど、彼女が支持されるこの社会が、私には生きづらかった。
 私が尊敬する先輩が何人も、彼女を支持していて、それが私の中では苦しかった。

 だから、香山リカが「勝間和代を目指さなくていい」と言って本を出したとき、本屋さんでガッツポーズをした。

 最近のこの二人のやりとりは、私の中のもやもやとした矛盾を表現しているようで、とてもおもしろい。

 勝間和代が、この新自由主義社会の中で「勝ち組」として、効率的にスキルを身につけ、金を儲け、向上心と上昇志向の塊の、バリバリと働くキャリアウーマンの象徴であるなら、香山リカは、「負け組」に位置付けられる人々の代弁者で、「頑張らなくてもいい」と上昇することを求めず、今の普通の生活で十分満足できるソコソコの女性といえるだろう。

 私の中では、強いキャリアウーマンに対する憧れがあって、実力社会・競争社会の中で、バリバリと仕事をしながら、家庭も子育ても完璧にこなす女性をかっこいいと思う気持ちがある。けれども負けず嫌いでもなく、のほほんとした私は、実際にはそんな風になれずに、劣等感と嫉妬ばかりにさいなまれていくばかり。勝間和代が嫌いということは、自分が負け組の怠け者ですと断言するかのようで、こわかった。

 でももう開き直ることにした。
 誰かに勝ちたい、とあせって肩肘はって頑張るよりは、もっと自然にしなやかに、肩の力を抜いて、今を楽しめる人の方がきっと自分には合ってる。

 「もっともっと」と自分の成長ばかりを急ぐ生き方よりは、「今が十分満足」と足るを知る生き方の方が、私は幸せになれる。

 開発や発展ばかりを追う新自由主義的な国よりも、インドのラダックだったりブータンみたいな国の方が好き。
 前近代社会をそうやって理想化し、文明を否定したくなって、でもそこでまた迷う。

 自分がこの近代社会から逃げられないこと。
 「その前近代社会が本当に幸せだったんなら、どうして人々はその世界をやめて近代化したの?」というフミヤくんんの言葉に、ちゃんと答えられなかった。
 今すぐ高畠(山形県)に移住して有機農業で自給自足する生活をすることは可能なのに、私は近代都市東京のビルの中で働くことを選んだ。

 マンゴーが好きで、スタ丼も好きで、可愛いワンピースだって好きで、海外旅行も好きで、グローバリゼーションや市場原理、近代を否定して、ローカリゼーションだ地産地消だ有機農業だ、非近代だ、と叫んだところで、まるで説得力がない。

 そんな自分の中の矛盾に惑い、結局田舎のネズミを羨む都会のネズミのままだけれど、でもそれでも、私が目指したいのは、「懐かしい未来」だと頑固に言い続けたい。
 少し話がずれてしまったな。
 でも、ふたつの相容れないものの狭間で、それでも「こっち」が好きと、口だけでも言い続けることから、始めたいのである。

 

 
 
スポンサーサイト

コメント

こんな記事あったよ

こんな記事が日経ビジネスにあったので見てみたらいかが?

勝間で生きられず、香山にもすがれない
http://business.nikkeibp.co.jp/article/person/20100210/212729/

There is no perfect thing!私のマレー人の親友が言っていた言葉です。
公共事業の海外版的な開発によって、途上地域のコミュニティが破壊されるのは見ていられなく、援助なんてしなくていい。と思ってしまうけれども、それでも教育や医療は公的な、長期安定的な支援でこそ、効果的な人間開発につながる。
国内をみても、都市集中の弊害として生まれた限界集落における医療アクセス問題は克服しなければならない課題だけれども、近代化の象徴であるIT技術により、課題の克服の可能性もある。

あたりまえの幸せが当たり前の社会になるように、日々の努力をするしかないのかと思います。

人間の顔を忘れずに働きたいですね。
2010-02-18 13:19 | よーいち #/3WEEAIQ URL編集 ]

去年の秋頃に、たまたまこのブログを知る機会があったんだけど、「もういちいちレスするのも変だし・・・」って思ってました。
(はい、私はあなたを知っています。)

今回の話題、自分にとってビンゴすぎます。
なので、これまでノーコメントでしたが、レスします。
タイトルの人物、彼女のどこがいいんだか。
偉そうに、さも世の中を知ったような顔で、所詮は傍観者なのに・・・。
腹が立つというより、テレビを見るのもいやになります。

ラダック、いいところだと思う。
3年前行こうとして断念した。
ネパールに行った。
本当の「いのち」があった。
体力のあるうちに行った方がいいよ。
まだ”ラダック”があるうちに、そして、自分の体力があるうちに。

過度な資本主義社会は、時に、人の「こころ」を奪う。
オリンピックを見ていての雑感。
2010-02-26 00:00 | ながた #eiORjZ2. URL [ 編集 ]

Re: こんな記事あったよ

> こんな記事が日経ビジネスにあったので見てみたらいかが?
>
> 勝間で生きられず、香山にもすがれない
> http://business.nikkeibp.co.jp/article/person/20100210/212729/

よーいちさん。
ありがとうございます。
見てみました!

おもしろかったです。
この記事を読んで、地方を元気にするのはやっぱり大事だ!仕事頑張るぞ!と思えました。
懐かしい未来を読んでいても、やはり寿命、医療の問題とジレンマが取り上げられていました。いろいろ悩んでしまいますよね。
ただ体だけ長く生きても幸せじゃない孤独な老人を生むことがいいわけではないし、死も老いも自然のサイクルだからと身を任せて受け入れている生き方も美しく思える。
でも日本なら助かる感染症で死んでいく少年に、それもサイクルさ、なんて言えるわけないし。

またいろいろ教えてください。
2010-03-04 17:35 | 奈穂 #- URL [ 編集 ]

Re: タイトルなし

> 去年の秋頃に、たまたまこのブログを知る機会があったんだけど、「もういちいちレスするのも変だし・・・」って思ってました。
> (はい、私はあなたを知っています。)

名前見て凍ったんですけど。。。
なんで見てるんですか。

> 今回の話題、自分にとってビンゴすぎます。

え。ビンゴですか。なんか意外だなぁ。
どこかいいんだか、って思っても気にも留めず、飄々と生きてそうなのに。


> 体力のあるうちに行った方がいいよ。
> まだ”ラダック”があるうちに、そして、自分の体力があるうちに。

再来週、チベットに行ってきます。卒業旅行で。
どこまで本当のチベットが見れるかわかりませんが、どちらの極も、たくさん感じてこようと思います。

そうだ。今年節分の日に「おばさまたちの原宿」へ初めて行ってきましたよ。豆食べに。
2010-03-04 17:45 | 奈穂 #- URL [ 編集 ]

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://kunikenpictures.blog121.fc2.com/tb.php/34-213e6bc0

 | ホーム | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。