上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 今日は「農力検定」創設キックオフ集会なるものに参加してみた。

 まだこの検定、理念も中身もまだまだ曖昧だけど、そこに集まる人たちの問題意識は共有されていた。
 地域を活性化したい。農村を元気にしたい。
 都市の消費者と農業の生産者の距離を短くしたい。
 今後の食糧危機に備え、しっかりと自給力をつけたい。

 そんな思いを達するために、都市生活者と農を結ぶ手段としての農力検定。
 そして、そういうことをしてるNPOや社会起業家たちが集まった熱い集会だった。

 前回書いた霜降り牛肉の件もしかり、今まで私が何度か書いている食品添加物や有機農業の話、フェアトレードもそうなのだが、消費者と生産者との距離があまりにも遠いことに問題の所在があるように思う。

 あらゆるものがmade in worldで、消費者は市場における価格でしか、商品を選べないようになってきている。
 どんなに生産者がいのちや環境に配慮したり、大切に心をこめて作ったとしても、消費者には伝わらない。
 市場で評価されなければ、売れない。生きていけない。

 生産現場には、農薬とか添加物などの化学物質や、移民労働者の低賃金や重労働、動物の病気、環境汚染などなど、あらゆる問題がある。でも「それ、問題よ!」と責めたてたところで、返ってくる答えは、「だって消費者が安いものを選ぶんだから仕方ない」だ。
 西友が以前「安さは愛だ」とキャッチコピーを打ってたけど、消費者にとっての愛は、生産者にとっては鞭だ。

 商社の友達に言われた。
 「だってコンビニ弁当が1個1500円とかだったら買わないでしょ?」

 うん、買わない。

 私も消費者だし、お金は大事だ。

 でも少しでも、できる範囲でもいいから、都市と農村をつなげたい。消費者と生産者をつなぎたい。
 その意味で、地産地消や有機農業運動の思想がすごく好きである。

 自分の体は、自分が食べたものでできている。
 What you are is what you eat.
 
 自分が食べているものが、どうやって作られたのか、農の現場を、もっと多くの人に、もっと気軽に知ってほしいと思っている。私も、もっと農の現場に行きたい。

 生産現場を知ってしまうと、スーパーで毎回踏み絵を踏まされた気持ちになって思い悩むけど、消費者に問題解決を投げるのも無責任だけど、でも、それでも、自分が食べたものが一体誰がどこで作っているかわからない現代、自分が間接的に殺し食べている命を、知ってほしい、消費者と生産者をつなぎたいと思う。

 
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://kunikenpictures.blog121.fc2.com/tb.php/39-9f72c04c

 | ホーム | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。