上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

平和な日常

 「あの」震災から、1年がたった。

 「この」震災でしかない人たちがいる中で、私にとっては、「あの」震災となっている。

 津波に家を流されたわけでもなく、家族を失ったわけでもなく、仕事を失ったわけでもなく、原発のせいで故郷を追われたわけでもなく、ただ東京23区内で仕事に追われて寝不足をしていただけの私は、この3・11に何を思うのか。何を書けるのか。
 
 新聞が「3月11日2時46分は、日本中が鎮魂の祈りに包まれる」と書く中、私はその時間を、その新聞を読みながら、モスバーガーでモスバーガーを食べながら迎えた。私は、鎮魂の祈りではなくモスバーガーのにおいと他愛無いおしゃべりのざわつきに包まれていた。被災者ではない人の多くにとって、3・11の2時46分の意味はそんなものだと思う。

 2万人近くが命を一瞬にして失っても、34万人以上の人が避難生活を余儀なくされても、1年間で3万人自殺者がいても、20万人がスーダンで殺されても、誰かの命日は、私にとって日常におけるひとつの点だ。3・11の2時46分も、8月6日の8時15分も、6月23日も、8月15日も、9月11日も、日常の一部だ。

 3・11によって、私個人は何か変わったのか。何を学べるのか。
 この日を、私は、どう記憶し、何を学ぶべきなのだろう。
  
 地震と津波と原発の恐怖か、国策としての原発推進の罪深さか、電気を使い豊かさを享受することの罪深さか、復興の遅さか、家族の大切さか・・・。

 私個人が今思うのは、平和な日常を生きていることの大切さだ。
 ありふれた陳腐な言葉でしかないけれど、特別なことではなく、ただ日常を生きることが、最も私にとって真実に思える。
 1年前、ありふれた日常を、奪われた人が何万人といる。
 そしてこの1年間、奪われた日常を思い、涙している人がいる。
 それでも人は日常を生き続ける。
 今日を生きるために、ご飯を食べ、がれきを片付け、話し、笑う。そういう人の日常を生きる強さこそが、地道な復興の原動力だと思う。

 「情熱大陸」の中で、石巻お菓子屋さんが言った。「『復興』や『がんばろう』に疲れた。日常を生きる、それでいいだろう」と。
 それでいいと思った。日常を生きる力で十分だと思った。前を向き、日常を生きる力が、泥を出し、がれきを片付け、店の再開を進める。復興計画や復興予算は、そういう人たちの力の強い追い風だ。先導者ではない。

 日常を奪われた人の冥福を祈り、遺された人の日常を祈り、私自身は、そんな人々の日常というものを少しでも支えられる人間になろうと思い、今与えられている平和な日常を、しっかり生きようと思う。
 私が今できることは、そんなことだと思う。
  

 
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://kunikenpictures.blog121.fc2.com/tb.php/42-94bc6070

 | ホーム | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。