上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 家畜とペットとの間。食の豊かさと動物愛護との間。肉の消費拡大とベジタリアンとの間。
 私は、どこに線を引くべきなのだろう。

 と畜場に行った。と畜場に行くこと自体は3回目だけど、今まさに殺されようとする豚の、命の限りの悲痛な叫びを間近で聞いたのは、今回が初めてだった。
 部屋中に次から次から響き続けるあの鳴き声が、なんだか耳から離れない。
 やめてやめて、と力の限り訴えても、追い込まれ、気絶させられ、首にナイフを入れられ、放血させられ、流れるように、生き物は食べ物になっていく。
 
 牧場に行くと、牛ってほんとに可愛い。
 くりっくりの目をして、おびえながらも、こっちを見て、近づいてくる。
 そんな牛たちもあっという間に殺されて、動物の死体は肉になる。

 スーパーのパック詰めのお肉は、命を持ち生きていた動物だという当たり前の事実が、目の前に突きつけられる。

 でもやっぱり、お肉はおいしい。
 お肉をいっぱい食べるようになって、等級の違い、銘柄の違い、内臓や部位、オレイン酸とか、脂の香りとか、いろんなものがわかるようになると、肉を食べるのが楽しくなってくる。
 内澤旬子は『飼い食い』の中で、「肉のもたらす「豊かさ」を大事にして生きたい」と書いた。
 動物を屠り、食べることは、食文化であり、私たちの生活を間違いなく豊かにしてくれている。
 他者の命を自分の命に取り込み生きることは、動物の摂理でもある。
 肉を食べることを支える産業で、日々を営む人々もたくさんいる。
 私はその産業に関わる一人でもある。

 動物を殺すことに対する罪を、どうとらえるべきか。家畜を肉にするために殺すことは、法律上罪ではない。倫理的に罪なのかどうかは、迷う。
 と畜場で働く人たちを「動物殺し」とののしる気は全くない。肉を食べる人間に、そんなことを言う資格があるわけがない。
 でもあの豚の叫び声を聞いたとき、「罪」の意識がどんと胸の中に落ちてきた。 

 自分が肉を食べること、自分の仕事が、動物の命の犠牲の上にあるということに、常に自覚的であらねばならないと思ってきた。
 だからせめて、食べる肉は必要最小限に、残さないように、感謝をして、いただく。畜魂に祈る。そこに線を引きたいと思ってきた。
 内澤旬子は、「いただきます」が免罪符に思えるその違和感に立ち尽くしたと書く。
 私の中で私の線を引いたとしても、決してすっきりと割り切れるものにはならないのだと思う。その矛盾を抱え続けなきゃいけないのだと思う。

 今生きる生産者事業者のためには、価格下落に苦しまないように、短期的に肉の風評被害対策なり消費拡大は必要だ。
 でも、人口爆発や環境破壊を考えれば、大量の石油をかけ10kgの穀物を1kgの肉にして食べることを奨励できるのか。
 
 安い輸入品と戦うために、際限ないコスト競争は畜産の世界でも求められ、大規模化は進み、市場を通じた大量生産大量流通の論理で動いている。
 そんな中で、過密飼育が起こり、増体のために輸入穀物に頼り、薬を打たれ、あか牛など地域特有の牛が生き残りづらくなっていき、等級が高くなる黒毛、しかも霜降りばかりに偏っていく。
 いろんなものがちょっとずつ歪んでいる。
 TPPとかでこれ以上米国産牛肉が安くなったら、日本の畜産は一体どうなっちゃうのだろう。

 罪の意識を抱えながらも、それでも必要な産業として、畜産をとらえるならば、それはせめていろんなものを歪めない形で成り立つべきだ。
 公正な畜産って、なんだろう。
スポンサーサイト

コメント

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです
2013-01-19 07:32 | # [ 編集 ]

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://kunikenpictures.blog121.fc2.com/tb.php/47-038f1275

 | ホーム | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。