上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

悲鳴を聞く

真実は、何なんだ。

元、厚生省の次官が殺された。奥さんも。今重症な人もいる。
1985年に基礎年金の一部一元化を行った当時の局長と課長。

テロなのか、個人的な殺人なのか、まだまだ真実は闇の中。

でも、この事件が発するメッセージな何なのか、社会が受け止めるべきメッセージは何なのかを考えると、やはり、今の日本の構造的な不安定さを露呈しているのではないかと思う。
厚生省元次官が殺された、と聞いたときに真っ先に思い浮かんだのは、「テロ」だった。
どんどんつぶれる中小企業、苦しい農業、生活が苦しい高齢者、正規社員になれないフリーター。
毎月数万円でやりくりし、将来の希望が全く見えず、不安におびえている人がいる。
どうしようもなくて、自ら命を絶ってしまう人がいる。
その不安や苦しみや怒りの矛先が政治に向いたのではないか、そう思った。
今の日本の不安はここまで来たか、と。

真実がわからなくても、多くの人が、これを「テロ」と受け止める。
その日本社会が今、確実にあるのだ。

テロという暴力は絶対に赦さない。でもテロを生んだ背景には心を向けるべき。
前から思っていたその思い、そのとき念頭にあったのは日本ではなかったけど。。。
今、この事件にも当てはまる。
6月の秋葉原の事件も同じだ。

ひとつの法律が、ひとつの政策が、大きな世界の波が、今もこの豊かだった日本で、誰かを苦しめている。誰かを死においこんでいる、今日も。そしてそれは決して報じられない。

私の目には見えないけれど、日本中のいろんなところから、悲鳴が聞こえている。

なんとかしなきゃならない。絶対に、このままほうっておいてはいけない。
だからって何ができる? そんなの今はわからないけど。
でも、とにかく、なんとか何かしらの手を打たなくてはならないのだろう。
人が、普通に生きていける、ただそれだけのことを成すために。

早く犯人がつかまってほしい。こんな暴力もうあってはいけない。
事件の真実がどうであれ、私たちはメッセージを受け止めねばならないだろう。
そして、何ができるかを、本気で考えなければならないときがきているのだ。

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://kunikenpictures.blog121.fc2.com/tb.php/5-c97add6f

 | ホーム | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。