上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 今更だけれど、先週NHKで裁判員制度を特集していた番組を見ていて思ったこと。

 裁判員制度が、死刑制度を廃止する大きな力になるかもしれない。


 裁判員制度が来年5月からいよいよ始まる。
 重要な刑事裁判の判決に、国民が参加する制度。何の関係もない事件に運よくあたった国民が、重大事件の犯人の一生を決める。重い重い制度。
 殺人事件を犯した人間に、私が、あなたが、死刑を言い渡すことになるのかもしれない。

 NHKでは模擬裁判を行った。
 両親が離婚し母親が再婚し家庭に居場所なく育ち、会社をクビになり借金まみれとなり、強盗を試みる。家の主のおじいさんに見つかり、彼を包丁で刺して殺し、その後かけつけた奥さんの首を刺して殺す。半年逃げ回ったのちに逮捕される。
 その人間に判決を下す6人の人間。会社員ばかり。
 
 殺意があったのか、なかったのか、それを論点に3日間話し合う。

 そのうちのひとりの女性は言った。
 「今までテレビで事件を見ていたら簡単に死刑だと思っていたけれど、実際に自分が死刑を言い渡すなんてこわい。重い。」と。
 彼女は感情に流されやすく、加害者や加害者の母親の話を聞いては泣き、被害者の遺族の話を聞いては泣き、ゆらゆらと流されていた。そして最後は、自分の感情に正直に、死刑に賛成をした。
 感情に訴えた方が勝ちな裁判になるおそれがあると危惧。

 結局は死刑が確定したが、誰もが、自分自身で死刑を宣告することにためらっていた。
 それは自分が一人の人間を殺すことだから。

 ある人は、社会の秩序を保つための制度なのだから、と理性で死刑に賛成しようとしていた。
 しかし死刑制度には統計的にも全く抑止力なんてない。社会の秩序維持にはならないものだ。
 むしろ政権の恣意的な死刑や、冤罪など、意味のない死を生んでいる。

 日本の死刑制度賛成の世論は8割だという。
 しかし、裁判員制度が始まったら、間違いなく死刑制度は揺らぐだろう。自分自身で死刑宣告を言い渡す立場になり、思い悩み、そのときに、少しずつ、この制度への疑問がわくだろう。
 死刑制度を、本当に考え直さなければいけないときが来ているのだと思う。誰もが自分自身で人を殺す可能性があるこの、今、このときだからこそ。
 もちろん、終身刑にも問題点はあり、裁判員制度自体にも問題があり、即死刑廃止というわけにはいかないだろうが、自分自身の問題として、死刑を見直すべきときが来ている。

 国家が人を殺す、この制度を、ちゃんと考えるときが来ているのだ。
 
 

 
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://kunikenpictures.blog121.fc2.com/tb.php/9-a614ecf5

??? ?????δ by Goodor Bad

??????δ??????ΰ????λ??????????????Τ?????Υ???ä顢????
2008-12-16 08:33 | by jp & Blog-Headline

 | ホーム | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。